大阪市旭区のうらたデンタルクリニック 一般歯科・インプラント(人工歯根)・歯周病(歯槽膿漏)・審美(ホワイトニング)

うらたデンタルクリニック ブログこちら
うらたデンタルクリニック 無料歯科相談こちら

歯周病治療の流れ
Perio

歯周病治療の流れ

初診には、歯垢というプラークの付着状態、ポケット(歯ぐき)の深さ、骨の吸収程度、歯の動揺、歯肉の炎症状態、かみ合わせなどを検査します。 歯周病治療は患者さんの協力が必要です。 治療に対し理解と同意が得られた場合に治療開始となります。

STEP1 症状の検査

歯垢(プラーク)の付着確認を行います。 プローブと呼ばれる器具を用いて、歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」と呼ばれる溝の深さ、出血の有無・歯のぐらつき方(動揺度)を測り、歯肉炎・歯周病の状態を検査します。


STEP2 応急処置


歯周病の症状がとても悪く、痛みや腫れが出ている場合は応急的な処置を行います。
歯ぐきを切開し、溜まっている膿を出してしまいます。
必要があれば応急的なかみ合わせの調整とお薬を出させていただきます。


STEP3 衛生士による歯磨き指導とプラークコントロール

歯周病の治療は歯のみがき方の指導から始めます。
正しい歯みがきの仕方を学ぶことによって、毎日のホームケアで歯周病の原因である病原体(ばい菌)の巣になる歯垢(プラーク)をきちんと取り除けるようにすること(プラークコントロール)が目的です。
日々の歯みがきが歯周病を改善するために一番重要になります。患者さまそれぞれに歯みがきの癖があり、よく磨けているところと、磨き残しがあるところがあるため、磨き残しやすいところを意識して磨くように歯科衛生士が患者さまの歯の磨き方の指導を行います。


STEP4 歯石除去(スケーリング)


歯石の除去を行います。 歯ぐきよりも上にある歯垢(プラーク)と歯石の除去をスケーリングといいます。 歯石の付着度合いにより異なりますが、数回に分けて行います。 回数は患者さまによって歯石がつきやすい方やつきにくい方がいらっしゃるため、個人差がございます。
※歯周病の進行状況により、患者さまに合わせた治療方法を行います。


STEP5 再検査

治療によって歯周病菌が減ったか?歯ぐきの炎症がないか?歯垢(プラーク)付着程度の確認など行います。


STEP6 歯石除去(SRP)


歯と歯ぐきの間にもぐりこんでできている歯石の除去をSRP(スケーリングルートプレーニング)といいます。歯根の表面を滑らかに仕上げることにより、未然にむし歯や歯周病を防ぐことができます。 これらの治療によって歯石が除去されても、ご自宅でのブラッシングも正しく行わなければ、再び歯石も発生してしまいます。お口の健康を保つためにも定期的なメンテナンスが大切です。


STEP7 歯周外科


歯周病の症状が中度から重度で、歯周病の外科治療が必要な患者さまは外科処置を行います。


STEP8 メンテナンス


歯周病治療が完了した後、3ヶ月に1度(健康な方)、クリニックに定期的にお越しいただき、検診を行います。歯周病菌が少しでも残っていると、せっかく良くなったお口の環境が逆戻りしてしまうため、治療後の経過を確認させていただきます。
正しいブラッシングの指導を行い、お口の環境が安定するように、定期的なメンテナンスを行っていきます。

大阪市旭区・城東区「関目高殿駅」・「関目駅」すぐの歯科 うらたデンタルクリニック コンテンツナビ

クリニック紹介