インプラントを検討なさっている方、インプラント治療でお悩みの方お気軽にご相談下さい。インプラント治療ならお任せ下さい。大阪市旭区の歯医者 うらたデンタルクリニック

うらたデンタルクリニック ブログこちら
うらたデンタルクリニック 無料歯科相談こちら

インプラント治療
Implant

インプラントとは

まるで自然の歯のように噛めるインプラント

そもそもインプラント治療とは、むし歯や歯周病(歯槽膿漏)で失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のネジを埋め込みそして被せ物をして人工の歯を作る治療です。


白い被せる歯(上部構造補綴物)


実際に見える部分はこの部分です。白いセラミックの被せ物で、天然の歯と同じような光沢感があります。 この部分だけをはずして掃除をしたり、 交換したり出来るような仕組みにも出来ます。


接続部分(アバットメント)


フィクスチャーの上に取りつけられる部分で、セラミッククラウン等の上部構造 を支える役割を果たします。通常チタンかチタン合金製ですが、審美性に優れ たセラミック製のものもあります。


インプラント体(フィクスチャー)

 
直接、骨の中に埋められる部分で、チタンで作られています。チタンは、非常に 生体親和性が高いため、金属アレルギーの方も安心してインプラント治療が受 けられます。


歯が抜けたまま放っておいてませんか?

たくさん歯があるから「1本くらい抜けても…」と思いがちですが、歯が抜けたままにしておくといろいろな支障が起きてきます。
抜けたまま放っておくと、抜けた歯の周囲の歯がその空いたスペースへ傾いて移動したり、また、今まで噛み合っていた歯(例:抜けた歯が仮に下の歯だった場合、噛んだ時、その相手をする上の歯など)にも影響して、歯並びが悪くもなります。歯ぐきに負担がかかり、最後には健康だった歯まで抜けてしまうようなことが起こり得ます。
このような症状が生じると、元に戻すための治療が困難になってきます。早めの治療であれば成功率も上がります。どうぞお気軽に当院へご相談下さい。

インプラントと入れ歯・ブリッジの治療法の比較

入れ歯の特徴

入れ歯の利点
  • 取り外し式のため、汚れたら外して洗うことが可能。
  • ブリッジのように歯を大きく削る必要がない。
  • 材質によっては保険適応になる。
入れ歯の欠点
  • 口腔ないの異物感、揺れが大きく見栄えが良くない。
  • 金属の のバネがかかる負担が大きく、歯の寿命が短くなる。
  • 発音や味覚、口臭などに影響がある。

ブリッジの特徴

ブリッジの利点
  • 接着剤で歯を固定するので違和感が少ない。
  • 治療期間が短い。
  • 材質によって保険適応となる。
ブリッジの欠点
  • 抜けた歯の隣の天然歯を大きく削る必要がある。
  • ブリッジの支えとなる歯の負担が大きくなり、歯の寿命が短くなる。
  • 何本か歯がつながった構造の為、清掃性が悪く、汚れがつきやすい。

大阪市旭区・城東区「関目高殿駅」・「関目駅」すぐの歯科 うらたデンタルクリニック コンテンツナビ

クリニック紹介