入れ歯でお困りの方!入れ歯が合わない方!部分入れ歯・総入れ歯ならお任せください 大阪市旭区のうらたデンタルクリニック 

うらたデンタルクリニック ブログこちら
うらたデンタルクリニック 無料歯科相談こちら

入れ歯(義歯)
ireba

入れ歯をこれからお考えの方!お使いの入れ歯のお悩みの方へ

自分で合っている入れ歯ですか?しっかり噛めていますか?

ひとくちに総入れ歯といってもその種類は多数あります。 患者様それぞれの症例ごとに、使う総入れ歯の種類は様々です。
口の大きさに対して義歯床が大きすぎる入れ歯の人は、口の中で舌が自由に動かず、発音がはっきりできないという悩みをもっています。また、上下の歯が咬み合う位置が低すぎると、言葉がくぐもってしまい、モゴモゴとした話しかたになってしまいます。しかも、口元がとても貧相になり、老けて見えてしまいます。 逆に咬み合う位置が高すぎると、カチカチと音がしたり、口が思うように動かずに、やはり話しづらいものです。歯の咬み合わせの位置は、その人その人に合う適正な高さがあるのです。
総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)とに分けられます。 また、保険適用内で作る入れ歯と、保険適応外の入れ歯があります。


保険内入れ歯って?

保険の総入れ歯は、義歯床がプラスチックになります。プラスチックの入れ歯は分厚くなりやすいので、 しゃべりにくかったり、違和感が強いというデメリットがあります。 しかし、治療費が安い、修理がしやすいといったメリットもあります。


金属床義歯(チタン)

金属床の特徴として、保険入れ歯の役1/3で薄さで入れ歯を作ることができ、また食べ物の温度を瞬時に伝わることが出来ます
そして部分入れ歯でも残っている天然の歯にあまり負担をかけずに入れ歯を作ることが可能です


チタン床は、近年話題の最先端金属です。腐食せず、軽くアレルギー反応を起こしにくい身体に優しいチタンを使用します。イオンプレート仕上げで金属に加工、清潔で美しい状態を永く保つことができます。

チタン床 入れ歯

金属床義歯(コバルト)

コバルトやチタンなどの金属をフレームにして製作する保険外の義歯です。 強度的に優れているとともに、熱伝導性や薄いのでお口の中での違和感が少なくてすみます。 金属床義歯は、保険のレジン床義歯に比べより快適な食生活をおくれます。

コバルト床 入れ歯

審美性を求める方におすすめ!ノンクラスプデンチャー

ワイヤーや金属バネが気になる方!今の入れ歯や差し歯に不満がある方!健康な歯を削る必要があるかもしれない方!とお考えではありませんか?
ノンクラスプデンチャーは、金属のバネを使わず素材の弾性で歯ぐきにフィットする、快適で体と心にやさしい入れ歯です。部分入れ歯をお使いの多くの方を悩ませている「金属のバネ」がないので、見た目がとても自然です。また「健康な歯を削る必要がない」「装着時の違和感が少ない」「割れにくい」などの優れた様々な特徴を持っています。

金属バネがない

部分入れ歯にあった金属バネがありません。 大きく口を開けても笑っても入れ歯だとはわかりにくく、気にすることなく、気にすることなくご利用頂けます

薄くて軽い

入れ歯本体が従来より薄く軽い素材でできています。 つけ心地も良く、違和感も少なくなり、普段の会話もはずみます。

弾力がある

残っている他の歯を金属バネで固定しませんので、負担がかからずにしっかり噛むことができます。


大阪市旭区・城東区「関目高殿駅」・「関目駅」すぐの歯科 うらたデンタルクリニック コンテンツナビ

クリニック紹介