顎関節症治療

顎関節症治療Gakukansetu

顎関節症とは

顎関節症とは
あごの関節やあごを動かすための筋肉に異常が起こり、「あごが痛む」「口が開きにくい」「あごを動かすと音がする」などの症状が現れる病気です。
この他にも、あごのだるさや口を開けると引っ掛かる等の症状が現れることがあるといわれています。
2人に1人は一生のうちになるといわれているほど多くの方に現れますが、軽症の場合は治療をしなくても自然と治ることがあります。

こんな症状ありませんか?

こんなことで困っていませんか
  • あごを動かすと「カクカク」、「ガクガク」などと言った音がする
  • 口が大きく開かない
  • 顎関節周辺やこめかみなどの痛みがある
  • 噛み合わせに違和感がある
  • 肩こりや耳鳴り、偏頭痛などがある
  • 歯軋りなどほほにこわばりがある
人によって様々な部位に症状が現れる場合がありますが、主に上記のような症状があるようであれば「顎関節症」の疑いがあります。 こんな症状がある方は一度当院へご相談下さい。

顎関節症の原因とは

顎関節症の原因とは
顎関節症は、噛み合わせの悪さの原因でなるとも言われてましたが、今ではそれだけではなく、いろいろなあごに負担がかかるような生活習慣との関係も指摘されてます。歯を抜いたままにしておくと抜けた歯を補おうとして、周囲の歯が傾いたり、本来と違う向きに歯が伸びたりする場合があります。
また入れ歯や歯を被せたりしている方は、長年経過したことによる摩耗し、不自然な噛み合わせになってしまう場合もあります。
さらに、ストレスによる歯の悔い縛りやかみ癖などによる原因となることもあります。
このように顎関節症には様々な原因があり、原因をそのままにせず改善できるように専門医、専門機関などに診てもらうことをおすすめします。
当院の院長は日本顎咬合学会 認定医であり、噛み合わせの経験と知識をもつエキスパートです。どうぞお気軽にご相談下さい。

顎関節症の治療

  • 1.カウンセリング・検査
    1.カウンセリング・検査
    カウンセリングで現在の症状やお口の中の状態を見るために噛み合わせの検査、口腔内の検査、レントゲン検査をします
  • 治療計画の立案と治療説明
    2.治療計画の立案と治療説明
    治療方針に従い治療計画を立てます。
    具体的な治療法として、痛み止めなどの薬物投与や取り外しが可能なマウスピースを使ったスプリント療法、開口訓練。
    また歯の詰め物や被せ物によって生じた噛み合わせ治療の場合は、噛み合わせの調節をしたり、カラダにあった被せ物に変更したりします。
    そして歯が入っていない場合は、インプラントや入れ歯など顎関節症の改善に向けて治療を行います。

マウスピース(スプリント)による顎関節症治療について

マウスピース(スプリント)による顎関節症治療について
噛み合わせによる不正によるあごのズレや歯の食いしばり、歯軋りなどにより顎関節症になった方は、なかなか簡単に治るものではありません。
長期的に見て、取り外しが出来るマウスピースの治療法も行っております。

透明のアクリルで出来ているため、審美的にも目立たなく、日常でも漬けて頂くことが可能です。また取り外しも出来ますので食事の時や人と会っているときなど簡単にはずすことが可能です。
きちんと長時間マウスピースを付けることにより、自然に正しいあごの位置で噛み合わせが出来ます。そうすることにより、噛み合わせが原因となっている症状も徐々に改善されていきます。

ブログ

INFORMATION

医院概要
〒535-0031
大阪府大阪市旭区高殿6-3-15 ハイツアドニス2F
アクセス
地下鉄谷町線「関目高殿」駅4号出口すぐ
地下鉄今里筋線「関目成育」駅2号出口 または
京阪「関目」駅から北に徒歩3分