大阪市旭区のうらたデンタルクリニック 新しい治療法薬で治る歯周病治療!歯周内科治療について

うらたデンタルクリニック ブログこちら
うらたデンタルクリニック 無料歯科相談こちら

歯周内科治療
Perio

歯周内科治療

歯周病が薬で治る!?

歯周病治療と言えば昔から歯磨き指導と歯石除去したりする歯の回りお掃除がどの歯科医院でもされている基本的な治療です。

しかし、この基本的治療をしても、一生懸命歯磨きしても、なかなか歯ぐきの腫れた出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。 ところが、簡単に薬で治す方法が見つかりました。 原因である歯周病菌やカビ菌を特定し、それぞれに合った薬でその菌を退治する事ができるようになったのです。これが顕微鏡を使った歯周内科治療です。


歯周内科治療方法

この治療方法は4つの大きなポイントがあります。

1.歯周病細菌センサによる菌の固定
2.固定した菌に対しての抗菌薬の内服
3.全顎SRP
4.経過観察

特に1は、非常に大きなポイントです。歯周病菌の検査では、お口の中にどれほどの歯周病菌がいるか?カビが多いのか?あるは非常にきれいなのか?測定する必要があります。測定結果によってお薬の選択が変わってきます。


1.歯周病細菌センサによる菌の同定


お口の中に入る細菌で歯周病を引き起こす原因とされる菌群は「歯周病関連菌」と呼ばれます。お口の細菌検査では歯周病やカビ菌がほとんどの方に見られます。
患者さんの口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察します。 顕微鏡で見る事で、今現在の菌の状態を確認する事が出来、歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になって行くのかが分かります。


2.同定した菌に対しての抗菌薬の内服

歯周病に用いられる薬は抗菌剤といわれる薬であり、これにより歯周病菌を除去することができます。内服薬による治療は、従来までの歯周病治療と併行して行います。 歯周病細菌に有効で組織移行性の高い抗生物質を服用することによって、消化管から吸収された抗生物質が血流に乗って歯周組織へ運ばれ、軟組織(歯肉)の内部から歯周病菌を攻撃します。


3.全顎SRP


歯周病は細菌による感染症ですから、再感染防止のためにも定期的に歯石を除去して口の中を清潔に保つことが大切です。
また、再感染していないかあるいは再感染しやすい環境になっていないかを知るためにも、定期的に顕微鏡検査を受けることをおすすめします。 歯槽骨がほとんど無く、歯根が露出し、最後には抜けてしまいます


4.経過観察

歯周病は細菌による感染症ですから、再感染防止のためにも定期的に検診や細菌検査をしていただくことが重要です

5.必要であれば歯周外科

歯周病は細菌による感染症ですから、再感染防止のためにも定期的に歯周ポケットの除去や歯石を除去して口の中を清潔に保つことが大切です。しかし改善が見られない場合は、歯周外科が必要とされます。



大阪市旭区・城東区「関目高殿駅」・「関目駅」すぐの歯科 うらたデンタルクリニック コンテンツナビ

クリニック紹介